AX

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

世にも醜いギャンブル狂いの経験談

多重債務者への経緯のところで大まかには書きましたが、パチスロ狂いだった頃のことを少し細かく思い出してみます。

ギャンブルをやらない人から見たら信じられない話がどんどん出てきます。いや、ギャンブルをやる人、さらにギャンブルで借金してしまった人から見てもいくらなんでもバカすぎると思える内容だと思います。非常にえぐいことになっていました・・・。


学生時代からパチンコやパチスロが好きで、社会人になってからもその熱は冷めませんでした。たまたま家のすぐ近くにパチスロ店があったこともあり、仕事を終えた後毎日通っていました。休みの日ももちろん打っていました。

当時おつきあいしていた女性と過ごす以外は全ての時間をパチスロに使っていた状態で、常にお金がなくてピイピイしていました。しかしこの頃は借金はしていませんでしたからまだマシでした。

パチスロ熱がよりひどくなったのは転職をした後です。短時間で一度に10万円分を超えるようなコインが出る荒いゲーム内容のパチスロ台が流行り始めて、一攫千金を夢見て私の射幸心は加熱していったのです。

仕事帰りに10万円以上勝ったこともありますし、休みの日に1日店に入り浸って30万円儲かったこともあります。


しかしパチスロ台は現金製造機ではありません。お店に利益をもたらすために存在する機械ですから、負け方は儲け以上に派手なものでした。1日に3万~5万負ける事など珍しくありません。1ヶ月で50万負けたこともあります

もうこうなってくると遊びとして面白いから打つという感じではないです。負けた分を取り戻さないといけない、もう後戻りできないという感覚でしょうか。


普通はこれに懲りて諦める、というか打つお金がないんですからパチスロから強制退場なのですが、私は普通の人よりもだいぶバカなのです。バカなのに自分は頭がいいから、パチスロもうまくやれば儲けられると思っていたのですから、バカの中のバカなのです。

(あまりに恥ずかしい告白ですが、全部吐き出さないとブログの意味がないですから・・・)


そこでカードのキャッシングで1万円借りました。限度枠が20万円ありましたから、最悪でも20万負けるまでに取り戻せばいいと本気で思っていました。ちなみに最初に借りた1万円はその日のうちにスってしまいました。

全く焦りはありません。何せまだ19万円も使えるのですから!

負けてもまた1万、2万と預金を引き出すように借りられるんですからパチスロ資金は安泰だと思っていました。たまに勝ってもそんなお金は次の日にはスってしまう具合です。

最初のカードの請求は7万~8万くらいだったと思います。とても苦しかったですがどうにか払いました。


苦しかったのに一旦払いが終わってしまうと限度枠が復活、また平気で借金です。またパチスロへ行きます。しかし次の月からも負けに負けてカードの支払いは10万円を軽く突破です。


ついに、返済するお金がなくてさらに借金をしました。


今思うと、この瞬間私は終わったのです。


月の返済は20万を突破しました。どうにか支払ったもの給料日直後なのに全くお金がありません。支払いから数日後の限度枠の復活を待つという状況です。(この感覚は思い出したくもないです)

限度枠が復活すると、安らぎを感じました。また借りるのに全くためらいはありません。いや、借りないと食事もできない状況なんですから。

この時になって初めて大変なことになったと思いましたが、それを解決するお金を儲けようとパチスロへ行きます。もちろん軍資金はカードで引っ張った借金です。

当然うまくいくはずもなく、同じ失敗を繰り返して毎月給料を全部返済に持っていかれる状態です。


すでに真っ逆さま転落中ですがさらに堕ちました。あまりの苦しさに、借り入れ時にリボ払いです。

次の月からは毎月定額の支払いで済みますから、一旦苦境は乗り切ったかに思えました。しかし小学生でもわかる当たり前の現象が発生しました。

リボ払いで返済額が少ないですから、支払い後の限度枠の復活も少ないのです。手元に引っ張れるお金が少ないのにパチスロではあいかわらず負け続けですから、かえって苦しくなりました


もう進退窮まったというところで、手持ちの次のカードを使います。同じことを繰り返して持っていた3枚のカードの限度枠を使いきりました


いよいよどうにもならない・・・というタイミングでカード会社から限度枠増枠の打診です。渡りに船で乗っかります。しかしこの時既にリボ払いで莫大な金額を借りていますから、利息も莫大で増枠分などアッと言う間になくなります。

完全に息の根が止まったはずですが、サラ金の無人契約機でものの15分でさらに20万借りれました。

さらにサラ金のカードをプラス2枚作り、枠が一杯になった頃合いでATMの画面に「増枠しますか? はい・いいえ」の表示。もちろん「はい」を押してさらにお金を引っ張ります。


あとはもう猛スピードで転がり落ちるだけです。いや、既に落ちるところまで落ちているのですが、借金は底なし沼で容赦なく底の底まで沈んでしまったわけです。


こうして振り返ってみると、やり直しのチャンスは何度もありました。

最初にお金がなくなってパチスロが打てなくなったとき、カードの借金を1日でスってしまった日、月末の返済で大金を払って大変な思いをしたとき、そして返すために借りてしまったとき。さらに支払いから逃げようとリボ払いで借りてしまったとき

そのチャンスを全て見てみないフリでスルーしたのです。


あまりにバカですが、このバカはまぎれもなく私本人なんです。こういうバカ性質が私の中に確実に存在するんです。同じ失敗は二度としないつもりですが、絶対という保証はどこにもありません。

今現在、債務整理をしてその後の返済も生活も順調です。しかし私の本質はとてつもなくだらしない金銭感覚の持ち主ということなのです。

とても危ないことですが、じゅうぶんあり得ると思いますので怖いのです。ですからこうして書きとめて世に晒し、その上でまたやったら・・・と考え少しでも歯止めにしたいのです。
関連記事


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| ギャンブル依存症 | 06時37分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

個人的に言うとスロットは金借りてまで打っものではないですあたしもスロットは打ちますがサラ金から金借りてまで打ちたいとは思いませんもし自分が借金してまでうちたいと思ったら爆才がないと思って諦めます一つ言えることは闇金からは金は借りたら駄目ですよー

| 鈴木隆介 | 2013/08/15 07:24 | URL |

大変な生活でしたね。
実は私も、同じ経験で個人再生しました。
なんとか、抜け出せそうですが、弱い自分がいつ出てしまうのか不安です。
ともかく、強い意志でギャンブル行かないことですね。

しかし、行政はこんな状態でも、ほったらかしですね。
癒着があるに間違いない。

| ななしさん | 2015/08/28 13:17 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>