AX

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家計簿のすすめ

家計簿についてのお話です。家計簿の効果、おすすめフリーソフト、三日坊主にならないコツなどについてまとめてみました。


私のように借金持ちの人間は金銭管理がアバウトという悪い癖がありますから、それを是正するためのツールとして家計簿は必要不可欠です。まずは頭の中だけで"だいたいいくらくらい"と考える癖を抜いて、きちんと数字と向き合う習慣をつける事だと思います。

借金を借金で返す暮らしをしていた頃は、そういう時こそ必要なはずに家計簿をつける事はせずに適当にやっていました。返済金の引き落とし日に残高不足で引き落としされなかったり、ひどい時はその事にすら気づかずに引き落とされなかったお金を別の事に使ってしまったりと、それはそれはひどいものでした。


家計簿をつけ始めて、それが習慣になると自分の支出の明細がはっきりしてきますから、節約できそうな支出項目が見えてくるものです。携帯代、光熱費、ネット関連(プロバイダ代)などは簡単に節約できました。もっと早く取り組んでいればけっこうな金額が節約できたのに…と後悔しました。

また、家計簿をつける事による副産物として日々の生活でお金を使う場面で家計簿の事が頭をよぎるようになりますので、「これって無駄遣いじゃないか?」と自問自答する習慣がつくというものがあります。これがけっこう大きいんですよ。缶コーヒー1本でも今本当に飲みたいのか?と考えるようになりますから。セコい?いやいや、コーヒー1本分でも借金持ちにとっては無駄遣いしちゃダメですからね。

関連記事:
心がけひとつでウン万円の節約?
面倒かも、でも簡単な節約生活
ネット回線見直しでウン万円ゲット?!


さて、実際に家計簿をつける場合、手書きだと面倒で負担なのでハッキリ言って続きません。家計簿はパソコンでつける事を強く推奨します。そして多機能、高機能な家計簿ソフトよりもシンプルで必要最低限のものの方がより簡単で良いです。私が使っている家計簿ソフトはこちらです。

無料エクセル家計簿

ソフトというよりエクセル用のワークシートです。エクセルを持っていない人でもOpenOfficeというフリーソフトで開けるので安心してください。(※OpenOffice=エクセル、ワード、パワーポイントなどのファイルを開いたり編集したりできる無料ソフト)

このワークシートの特長は何と言っても入力が簡単で負担が少ないという事です。あらかじめ収入・支出項目を設定しておいて、毎日の生活で収入や支出があったら項目をプルダウンメニューで選んで入力するだけです。

入力画面サンプル(クリックで拡大表示)
無料家計簿

入力すべき事は、月と項目(選択)と金額だけですから、日々レシートと照らし合わせてカチカチっと入れていくだけです。レシートのない支出は覚えておかないといけませんけどね。入力していくと、月別集計が自動的にまとめられますのでその月の累計、その年の累計をすぐに確認する事ができます。


家計簿の三日坊主対策は、いかに楽してつけるかという事に尽きます。ひとつひとつ100%正確につけようとすると大変な負担になります。多少間違えたり付け忘れがあってもいいんです。家計簿はつける事自体が目的ではありませんから。

レシートのない支出(自動販売機など)などは特に忘れがちですが、"なるべく忘れないように"程度でじゅうぶんです。数千円、数万円といった大きな支出でレシートのないものを完全に忘れてしまう事はないでしょう。実際に忘れちゃうので120円のジュース代とかそんなもんです。その程度忘れてもどうって事ないです。

私の場合、月の終わりに家計簿上の残高と実際の残高に誤差があった場合(実際に毎月あります)、「その他」としてその誤差を計上して修正するだけです。毎日入力していれば、そこまで大きな誤差は出ません。(今まで最大で月に1000円程度の誤差でした。)正確さを意識しすぎて面倒になって三日坊主になるくらいなら、このくらいアバウトでも続ける事を優先した方がいいです。

関連記事:
おすすめの無料家計簿
家計簿をつけて普通の金銭感覚を身につけたい
家計簿が三日坊主にならないために


もうひとつ、家計簿をつけるためのポイントがあります。それは銀行口座の残高を楽に正確に把握するために、ネットバンクサービスを利用する事です。銀行口座の残高をいちいち銀行やコンビニなどのATMで照会していたら面倒ですよね。しかし今はいい時代になってたいていの銀行でネットバンキングサービスを利用できます。

(主なネットバンク、ネットバンキング対応銀行一覧)
楽天銀行(楽天ポイントもついておとく)
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
MONEYKit - ソニー銀行
三菱東京UFJダイレクト
SMBCダイレクト(三井住友銀行)

関連記事:
ネットバンクで支出管理
支出管理方法の改善
関連記事


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| お役立ち情報 | 06時09分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。