AX

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

借金生活中の異常な感覚

借金生活が深みにハマり、返すために借りるを繰り返していると感覚が麻痺してくるものです。ここに書く事は全て私が実体験した事ですが、どう考えても異常で破滅的な精神状態です。借金生活中の方で、もし内容の中に思い当たる部分がある方は相当"危ない"と思います。


▼問題を先送りする癖

何ヶ月も何年も借金問題に光明が見えず、そのままのペースへ返済していたら完済まで何十年かかるかわからないとか、借金が全く減らない、逆に増えているというような状況の場合、何かを変えないといけない事は分かりきっています。ここまでひどい状態だと、自分の生活に大ナタを振るわない限り破滅は目に見えています。それでも私は何もせずに何年も問題を先送りし続けました。わかっているのに、気付かないフリをしていました。問題を直視してしまうと絶望的なので、見て見ぬフリを続けていました。

返済どころか生活すらままならなくなって始めて債務整理に踏み切りました。これは決断したというより、追い込まれた末に最後の手段という気持ちでした。債務整理に踏み切った場合どのような事になるのか、これだけネットが発達している時代ですから本を買ったり専門家に聞いたりしなくても個人レベルでかなりの事が調べられます。にもかかわらず、問題に正面から向き合わず先送りして調べる事すらしていなかったんです。

実際に債務整理(私の場合は任意整理)に着手してもらったら、劇的に借金問題が改善されてまともな生活をスタートする事ができました。しかし何もせずにウダウダしていた長い長い期間に払い続けた利息は莫大です。悔やんでも悔やみきれません。後悔しても何も生み出しませんが、こればっかりは一生悔やみ続けると思います。何が何でも、私と同じ愚を犯す事だけは誰にもして欲しくないです。


▼とにかく次の支払い…

借金生活がドツボにハマると、いついつまでに完済というような長期的な展望は全くない状態になります。まずは目の前の返済日のお金の工面だけにしか目が行きません。あと何日でいくら…みたいな事ばかり考えて返すために借りる方法ばかり考えています。それすらできないくらいに追い込まれても長期的な考えは持たずにとにかく次の返済だけしか考えません。

そこでクレジットカード現金化に手を出してしまった事もあります。それによってその月は返済できましたが、完済がはるか先に遠ざかってしまった事は言うまでもありません。そんな事だったら、お金を工面できずにその月の返済に失敗した方がまだマシだったとすら思います。なまじっか、現金化なんていう最後の手段があった事が最悪の事態を招きました

目的を見失ってしまうんですよね。あくまで目的は普通の生活をする事です。それはすなわち、現実的な完済への道筋を考えるという事ですよね。決してその月だけ乗り切るという事ではないはずです。


▼楽してお金を儲けたい

これは私が子供の頃からの悪い癖です。楽してお金が儲かるという話に目がないんです。ごく普通の感覚でいけば、そんな甘い話はないという事はわかります。でも、借金体質の一因である一攫千金大好きな性質の私はこういうところだけバカに粘り強くて「何か儲かる方法があるはずだ」と余計な労力を費やしてまで"頑張っちゃう"んです。パチンコやパチスロにハマるのもそういう性質が原因ですし、その他のギャンブルや投資なんかにしても、怪しい広告の「~~円儲かる!」みたいなコピーについつい目が行ってしまうんですから。

そういう損して当然なお金儲け作戦に無駄な時間(とお金)を費やして、結局その労力を普通の労働に費やしていればけっこうな額を確実に稼げていた!なんていうのが毎度のパターンです。成果は挙げられず時間は無駄にしてヘトヘトになり、そして借金体質にズブズブハマるという最悪の流れの出来上がりです。

今はネット上のお金儲けの話も山ほどありますから、ついつい目が行ってしまうのはわかります。しかし借金持ちがそういうリスクのあるお金儲けを考えるのは自殺行為です。借金返済を一攫千金で!というのは不可能です。借金ズブズブだとそういう当たり前の事から目を背けて、「オレだけは特別、勝負に勝てる!」と思ってしまうんですから不思議というか恐ろしいものです。


▼見栄っ張り

借金ズブズブでお金なんて全然ないのに、お金がない事がバレるとかっこ悪いとずっと思っていました。収入が多いわけではないのに飲み食いに誘われれば断る事もありませんでしたし、服や家電製品などもまだ使えるものがあるにも関わらずどんどん買い換えていました。幸いに私は車に興味がありませんが、もしあったら私の事ですからもっと大変な事になっていたと思います。

お金がないという事が周囲の人にバレると、借金の事もバレてしまうんでは?という余計で無意味な心配もしていたんだと思います。いい歳をしてやっと、友人に「お金がないからまた今度」と言う事ができるようになりました。誰もそんな事でカッコ悪いだなんて思いません。収入の中で分相応な生活を適切な金銭管理で行う事の方がカッコイイですよね。



借金で余裕がなくなり、感覚がおかしくなって間違った判断をしてしまうという実体験を紹介してきましたが、ここで上げた全ての事は借金ズブズブだろうと正しく判断できたはずだとも言えます。にもかかわらず間違えを犯してしまったのは一つ目の項目の「問題を先送りする癖」が原因です。

借金体質の元凶は問題先送り癖だと、実体験から結論づけたいと思います。


関連記事:
問題を直視しない悪い癖
一生借金体質で過ごすのか
借金体質は"うさぎとカメ"のうさぎ?
安易に一発逆転を目指す悪癖
見栄っ張り体質
お金がない=格好わるい?~見栄っ張りで大借金
借金があるのに普通の生活?
ギリギリまで自力返済にこだわったわけ
クレジットカード現金化について
ショッピング枠の現金化でさらに状況悪化
次の支払いに間に合いさえすれば・・・!という錯覚
関連記事


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| 借金体質 | 00時11分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

自分の事

まさしく自分の事を言われているようで
グサグサと刺さる一方で
言葉にはできないありがたさがあります。
一番悪いのは
見栄っ張り。お金があったときに
それが余計癖になってしまった私。
旦那が働かなかっただけが理由じゃないから
多くは攻められない。
今は、任意整理の支払が確定するまでの間
リハビリ期間と思い必死に心と格闘してます。
これからもまたよろしくお願い致します。

| マイナスからのハミ | 2012/03/14 13:03 | URL | >> EDIT

コメントありがとうございます。
任意整理によって、嵐のような支払いの嵐が一旦止まるところで、自分を見つめ直すいい機会が得られますよね。
支払いの圧縮という実利的な部分と同様に、この心の余裕がけっこう大きいんですよね。リハビリ期間というのはまさにその通りだと感じます。

私の場合は弁護士の先生が親身になってくださり、連絡するたびに「生活は大丈夫ですか?」ときにかけてくださり、その心遣いに背かないよう頑張れているという部分も大きいです。

| エヌ | 2012/03/16 09:29 | URL |

リンク

初めまして
債務整理で検索してこちらにたどり着きました。
私も最近債務整理の依頼をしました
これから色々と勉強したいと思っていますので
よかったらアドバイスいただけますか?
債務整理意をきっかけにブログをはじめました。
勝手にリンクしてしまいましたが良いでしょうか?
これからよろしくお願いします

| j | 2012/03/17 14:38 | URL |

Re: リンク

大きな一歩を踏み出しされた仲間がまたひとり増えて嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

| エ ヌ | 2012/03/18 09:17 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。