AX

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おまとめローンを利用すべきか

借金を現在より低利化してまとめるいわゆる「おまとめローン」というものがあります。私は利用をしたことはなく知識もあくまで字で得たものでしかなく、そんな私が書くようなことはとっくに知っているという人が多いかもしれませんが、少しでも参考にしてくれる方がいればと思いますので今回の記事を書きます。

「おまとめローン」というのは簡単にいうと、現在の借金の分を他社から借りて完済し、その新たに借りた分は今まで払っていた金利よりも安く抑えてもらってその利息の差の分返済を楽にするというものです。借り入れ先が少なくなる(これに大きな意味は感じられませんが)という事もあります。


まず結論から言うと、もしも可能ならば「おまとめローン」よりも債務整理や自己破産の方が良いです。理由は簡単で、債務整理なら今後の返済の利息はゼロかそれに近いものになりますし、自己破産なら借金自体チャラになるからです。

借金返済生活を続けていると、とにかく借りてでも返済にあてるお金を工面したいという方向に考えが向いてしまいます。おまとめローンは自転車操業で借りて返すというものに比べれば、金利の面を考えている分じゅうぶん有効な手ではありますが、あくまで借金を借金で返すというサイクルにはかわりはありません。

ですから、まずは債務整理、自己破産を検討して、それがダメだった場合に初めておまとめローンを考えるというのがベストです。


では、債務整理、自己破産ができずにおまとめローンが有効になってくる場合とはどのような場合でしょうか。

借金の状態は人それぞれですが、おまとめローンが有効になってきそうなのは借り入れ開始から現在まで支払っている利息が既に利息制限法で定められた年利(15~20%)以内で、払いすぎた利息がない場合です。

こういう場合は、債務整理で借金の圧縮もできませんし借り入れ期間によっては今後の利息カットも難しいかもしれませんね。多少カットしてもらえたとしても弁護士費用との兼ね合いで得になるとは限らない場合もありそうです。さらに借り入れ額によっては自己破産もダメ。

こういう場合がおまとめローンが有効になってくる主なケースではないでしょうか。

ちなみにおまとめローンの年利や限度額などの条件はローン会社によって様々ですが、少なくとも利息制限法ギリギリの年利のおまとめローンなどありませんから(そんな商品だれも利用しませんよね)、もしも審査に通れば確実に利息の分楽にはなると思います。

ちなみに、おまとめローン商品には総量規制の例外となっているものもありますので、既に総量規制で借りられない人でも利用できることもあります。

しかし、債務整理をするにせよおまとめローンに借り換えるにせよ、今後自分の収入で無理のない返済を続けていける計画を立てることが大前提です。

そのためにはお金を工面することと同時に、支出や生活習慣の見直しをしていく必要があります。自分の暮らしを見直さないと、借金はなかなか減りません



関連記事


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
■サイトトップ/目次へ

| 専門家に相談 | 03時16分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。